新技術の提案
三次元写真計測システム
デジタルカメラを利用した三次元の図化システム
三次元写真計測システムとは
離れた場所からデジタルカメラより撮影した3枚以上の写真をもとに、様々な対象物や構造物を三次元データ化できるシステムです。計測結果は三次元データとして作成されるため、物体の長さや面積、体積、断面図、など様々な目的・用途で活用できます。 また、非接触式で現場作業を行うため災害現場など、人が近づきにくい危険な現場の計測に最適です。
現場作業方法
1)1名で現場へ行き、3点ほどの簡易基準点を設定し、箇所以上の別角度から撮影します。RTK-GPSを併用すれば、公共座標でデータ取得ができます。
2)三次元写真計測システムで画像のひずみの補正を行い、画面を切替えて、図化作業を行います。
3)従来のTS法等により作業時間も短縮!!縦・横断図まで作成可能です。
システムの特徴
1) 従来と比べて安価!
作業は1名でOK!従来の測量コストの1/4で可能。
2) 非接触式のため安全な現場作業!!
法面崩壊等、近くまで人が近づけない災害現場に最適!!
3) 地域毎に適した変換パラメータによる座標変換
地域によっては、変換補正量が変化している場合に用います。
改測及び改算により算出した新基準点成果と旧観測成果の座標差から求めた座標変換量をもとに、未変換の基準点の座標変換を行います。
4) 幅広い分野への活用可能!!!
例えば…
▶工事完成図面がない場所の概略改良計画・修繕計画に
▶使用する図面が欲しい
システムの機能
いろいろな用途・目的に合わせて多方面に活用できます。
1) 基本的な測定ができる
面積計測/土量計算/体積計算/距離測定/斜面・法面の計測/形状把握/変位観測 等
2) 図面作成ができる
平面図/縦断図/横断図/オルソ図 等
水路横断も簡単に測量できる
増水時の水路断面状況等、瞬間的な状況を測量したいときに、簡易基準点(仮想)を3箇所程設けて写真を複数枚撮影するのみで現地測量は終了して作図することで、瞬間をとらえることも可能です。(降雨時は使用不可)
仕組みとしては、システム上の写真をトレースするような形で網目を貼りめぐらせ、3Dにも対応する作図データを作成します。(従来のTS測量の作図作業と同等の作業量です。)
路面標示の計測にも活用できる
交通量が多い交差点内の複雑な路面標示も、歩道上に簡易基準点(ポールを立てるのみの仮想点)を設けるだけで、車道内には一切立入ることなく、安全に計測可能です。
町の広場や公園の管理図面作成も安価に対応
町の広場や小規模公園程度であれば、リニューアル設計時の測量図面や、大昔に整備された図面の無い公園の管理台帳図作成(完成図の復元)も安価に測量可能です。
※より詳しい内容については、お電話またはメールフォームにてお問合せください。
※技術仕様については、予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。
新技術の提案 Contents
中部復建株式会社は、
名古屋市認定エコ事業所に
認定されています。
中部復建株式会社 本社/〒466-0059 名古屋市昭和区福江一丁目1805番地 TEL052-882-6611(代表) FAX052-882-9844
Copyright (C) 2012 CHUBU FUKKEN CONSULTANTS CO.,LTD All Rights Reserved.